MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

不惑

私、恥ずかしながら、学校、ほとんど行っていなくて、あまり、思い出がないんですよ。けれどね、いや、ほんのちょっと、記憶に残っている事がありますが、いや、いつも、自分の部屋で、一人で本を読んでいて、ガサガサと、思いつくままに読み漁るので、よく、崩してしまうんです。積まれた本。その日も、少し崩してしまって、ないですか?本棚に置ききれない本。これ、次は本棚の横に積まれていって、すごく背が高くなるんですよね。

だいぶ上まで積んでいて、崩れたとき、困りました。終いに卒業アルバムまで落ちてきて、あれ、重いですから、スゴい音でしたよ。ドスンとね。まぁ、でも、少しだけ開いて、自分を、何十年前の、えぇ、今と違って、何でも出来るような、そんな顔をしていましたよ。私。あとね、寄せ書きもありました。

自分はこの時、どんなことを書いていたんだろうと、いや、普通に「三年間おつかれさま」と書いてありました。けれどね、よく見たら「三年問おつかれさまでした」って、おかしいでしょ?気付きました?この文章。「問」、問うておりますよ。三年間。何だったんでしょうね。重要な何か、掴もうとしていたんですかね。面白いですね。十代というのは。

今、思えば、あの時の自分に言いたいこと、すごくシンプルに。「もっと遊んでおけ!」と、勉強じゃないですよ。遊ぶんです。元気に遊べる。何でも出来そうな十代は、遊んでいいんですよ。勉強は覚えも早いですから。いや、1番上まで目指して、そういうようなところを目指して、それでしたら、そうはいきませんけど。

私は、勉強が苦手でしたから、漢字だって、いまだに間違えることが多いです。成人してから勉強して。だからこそね。たぶん中途半端だったんじゃないかな。もっと遊んでよかった。こういう後悔というのは、消費なんですよ。人生の。時間を消費するんです。だから、その瞬間を常に、懸命に、向かっておいたほうが良いと私は思うんです。

捜し物と一緒です。物も、後悔も少ない方がいい。そこに時間をかける時間を、一生分を見立てて、計算すると、大変な時間になります。ぜひ計算してみてください。おそらく、大半の人がビックリししますよ。だから私、本は、本はね、しょうがないですけど、あとは何も持ってないんです。このラップトップや、それほど高くないのですが着心地の良い、いくつかの同じ柄。そうです。同じ柄の服。選ぶの苦手なんです。その時間も惜しい。人生を半分も過ぎれば、きっと分かります。

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次