MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

ほんの少しの回り道

人は、食べなければいけないし、食べるために働き、そして毎日を繰り返す。そしてだんだんと、薄れていかんと思いつつも、時代の流れは早くて、そうしたことを繰り返しながら、結局は何千年というような、時間を超えてきたのでしょう。そうして、今という時代を知る。それは、何回も、何回も繰り返された歴史の中で、この地球上で、本当に偶然に、ここにいて。

ひとり一人、僕にも、その過程の中で、自分なりに見つけてきた、色々な出来事がありました。例えば、ある朝、目覚めると、そこは病室で、気付けば、何日も経っていたような出来事も。いや、こんな話、いくらでもあるから。ただ、そんな時に思うのは、まるで、昨日とは見える世界は変わっていて、おそらく僕がいなくても、普通に世界は回っていくし、ずっと小さく考えれば、僕がいま、ここにいる、この場所も、それほど影響もないのだろう。

別の世界に迷い込んでしまったような感覚は、命が削れていく瞬間を、いつものように、会社に行き、仕事をして、ふと気がつくと、もう、夕方になっていて、仕事の内容とか、同僚や部下、上司との会話とか、いちいち、思い出すのも面倒くさくなる毎日に感じるようになった。それからというもの、どんどん、自分の名前は、自分の名前ではなくて、社会とか、会社が決めた名前。

つまり、歯車でしかないんだと思ったりするようなると、それならそれでいいかと思う人もいて、別に気にする事もなく、日々を過ごす。けれど、そんなことに苛立ちを隠せず、だれかに八つ当たりしながら、まるで自分に向けているような感情を、行き場もなく、方法も分からず、ずっと彷徨うような感覚。耐えられないと、シャワーを浴びながら、むせび泣き、明日を嫌がる人もいるのだろう。

でも、それでも、今日がある限り、そう、この時、今も、生き続けなければならないのだけれど、どうせ、いつかは平等に。僕は、知らなくてよい事ばかり見てきてしまったから、終着駅まで、考えなくていい事が分かるようになっていた。学びは、大切というけれど、一生の中で、知らなくていい事はたくさんあって、それこそ、誰かの人生を垣間見るような、余計な情報など必要なくて、只々、1人でいたい人、一緒にいたい人、何でもいい、自分の生き方を守れれば、そこに必要な知識と知恵さえあれば、他に何が必要といえるのだろう。

だから、もし、あなたが、幸せに生きたいとか、そのために何かを学びたいなら、あなた自身が、何を知りたいのか、小さな頃、何になりたかったのかとか、楽しいこと、知るべきことで芽生える笑顔とか、そんなことを考える毎日のほうが素敵だと思えるのです。

そうすれば、きっと、あなたにとって見える世界はきっと変わって、どんな答えも、上を向いて歩く元気をくれる。人生には、必ず意味があるとか、そういうきれい事はたくさん見てきた。だから、信じるとか、信じないとか、そういうモノはどうでも良くて、自分が思う、本当に笑顔になれることが何なのか、それだけを知っておけば、いいのだと思うのです。

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次