MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

当サイトの各ブログ記事はプロモーションが含まれています

ひととせ 繰り返す

寄留と身を寄せ 歩き思いを馳せる渋谷のスクランブル交差点

先に分かれた分岐点 濁流のような情報は 絶佳に咲く一輪の花が僕を救った

歩きながら少しずつ気付く自戒 路銀の片隅に生きる僕のそばで懇倒に話す貴方の言葉は

隻影と知る世界が乱暴な真実だと言うことを教えてくれた

鬱に貸せる感情はもう無くなった 自分を知るのが嫌になった 欲にまみれた世界

きれい事は全部胸にしまった 出来上がった綺麗な等高線は いつも僕が見ていた景色の色を変える

葉状のように広がる人々の人生が 行き着く先に何があるのかを知りたがって生きている

知らない方が幸せでいられることが多い世界は いつから虚栄にまみれた言葉を僕らに植え付けたのだろう

何も考えないほうが幸せじゃないか いつからそんな人生になった 抗うことに意味をなさぬ錯覚

もう自分では気づけない 誰も声はかけてくれない その中にみえる一輪の花

それだけが綺麗だと知った僕は 誰かを大切にすること本当の意味を知ることが出来ました

ありがとうとか 感謝をしてますとか そんなありきたりの言葉の意味ではなく

ただ生きていくという意味をどこにおいておけば良いかを教えてくれました

体裁のよい言葉で埋もれた関係の中で過ごす 錯綜とした世界でも見えている

世の中は 名前さえ出さなければ何でも言えると勘違いしているらしい

言葉は行き先がなければ 一人歩きをして通り過ぎる全ての人に違う意味を置いていく

それがわからないから情報は濁流という そしてそれはひととせの時を超えていまだ喧騒になる

久遠に浮かび見える景色の意味を絶望から希望に変える言葉は

僕が見なくてもいいものを教えてくれました

  • URLをコピーしました!

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

小説ブログは
LOLIPOP!レンタルサーバーで
運営しています^ᴗ . ᴗ ^


小説ブログで利用しているレンタルサーバー 小説ブログで利用しているレンタルサーバー

▼ 当ブログで利用しているWPテーマ ▼


目次