MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

小さなグラスボトル

暮らし 毎日 日々 いつも考えていること

この時代に生きることがいかに難しいかは誰にでもすぐに分かる

文章を書いている 好きな映画の話

それをみて 世の中について どうやって生き抜いていくかを決めてみる

生活費を得るために 生きることに困難な時代 どうにかして 生きる方法

考えること いつも考えていること 何が言いたいかというと つまりは虚構

優雅な話し方 読み方 書き方 書く事さえうまく出来ない いつも考えている

いつも考えて 毎日は全く時間がなくて どうして自分は周りが望むような人間ではないのだろうと

奏しなければいけない理由 その意味すらよくわからない

人々はいつも “答えは自分中にのある “という

どっかの小さな瓶の中に入っている 程度の知識で答えなんか出ていたら苦労はしない

物事のバランスは少し知っている ちょっと一押しただけで、すべてが変わることを人は感情で行う

実際の世界はすごく小さくて 「生まれてくる場所と時期を間違えた」とか

何をすべきか 何をすべきではないかとか スゴく小さいことで

小さくても 何か間違いをすれば 人々はすぐに自分から去り すぐに一人になる でもそれはすごく普通のこと

誰もそばにいないから 頼るとかそういうことは考えない いつもそれを考えている

自分次第にするには 人に頼りたい衝動は行動の足かせ

苦難であることを知って 同時に自分からの贈り物だと知った

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次