MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

一年

一月は、そうですね。お正月ですから。おせちなど食べながら、色々な意味があるそうですよ。おせち。中身のことです。私なんかは意味も調べずに、好物だけ、箸でつまんで、本当はちゃんとした意味があるんです。ひとつひとつ書いていくと、これは大変ですから、Webでさっと検索して、少し覚えてみますか。私の好きなモノだけ。

二月は、月の終わり頃に、梅が咲きますね。見に行きましょうか。まだ、とても寒いですから、雪が降るときもありますし。暖かい格好で、きっと、梅の花に、そっと落ち着いている雪模様は、綺麗ですよ。最近は暖かい年になる月になることもありますから。どうでしょうね。楽しめる今を、写真に残しておきますか。

三月は、たくさんのハーブが芽を出して、中には少しだけ摘ませてもらって、ハーブティー。詳しいでしょ?私は淹れ方も何も分からないですから。教えてください。ただ、覚えるの大変そうですから、そうですね。やはり飲んで楽しむだけでいいかもしれません。いいですか?選んでもらって。

四月は、何といっても桜です。いいですよね。いや、いいですよねと言うのは、それくらい、言葉が出なくなるくらい綺麗ってことです。言葉にするのをサボっている訳ではありませんよ。本当に、これまでたくさんの人が文章で表現しているから、私はあまり繊細な言葉で語れませんが、ただ、風に吹かれてなびく桜の花びらは、そう、只々、きれいなんです。年をひとつ区切るなら、やはり、この桜が散るときがいいですね。

五月、私、あまり花のことは詳しくはありませんが、天井を覆い尽くすような、藤の花、囲まれてみたいです。淡い紫色に陽の光があたると、何とも言えない不思議な色になります。藤色と言うには難しい色だと思います。和名で表現するにも中々、ですから、実際に見る価値があると思うんです。

六月は、紫陽花ですかね。梅雨に入りますし。葉に当たる雨粒、そこから聞こえる優しい音色は、好きです。知っています?あじさいの葉ってね、少し堅いんです。次の季節に、紫陽花の葉に触れてみてください。触れるだけなら、葉は大丈夫です。楽しめるんです。雨が降るときの音って。少し大きめの、水を貯める場所があれば、睡蓮を合わせても良いかも知れません。

七月は向日葵。これはね、すぐに言えるんです。ヒマワリがスゴく好きで、だからこれだけ、いつも明るい方向を向いていますから。これも知っていますか?向日葵って夜になると少しばかり下を向くんですよ。これが可笑しくて。人間と一緒だと思うんです。やはり、希望が無いと元気が出ない。上をずっと向いているのは少し疲れますけれど、でも、前を向くなら、少し上を向くくらいが丁度良いでしょう。

八月は、そうですね、少し花のことから離れて、花火でも見に行きますか。最近は見る機会がないですからね。花火。何色が好きですか?でも、花火も結局、一瞬とはいえ、咲き誇る姿は名前そのものですね。いや、私は本当に花のことが好きなんだなと。何も知らないのにね。これも可笑しいでしょう?

九月は、定番ですね。ススキ、鈴虫、六月とは違う、今度は風の音を聞く季節です。小さな小ぶりの葉が多くて、なるべく柔らかい木々を植えて、育てるんです。葉の大きさと、硬さと、昔の人はどうやって、この風の音を作っていたんでしょうね。中々出来ないことですからね。時間が掛かります。

十月は、銀杏いちょうの葉が黄色く染まって、これもきれいです。目とね、耳で楽しめるんですよ。この時期になると。まあ、食べることが好きな事にしても、楽しみ方が色々あります。そういう意味では、一番、五感で季節が楽しめる時期ではないでしょうか。

十一月は紅葉ですから。先ほど申し上げましたとおりですね。四季で言うと秋。この時期は、体が冷える冬の入り口になりますが、本当に楽しめます。葉の落ちる音、葉の落ちる小川、春にさく桜の花びらと同様に、楽しみ方、たくさんありますね。スマホでとりますか。私は自分の目で、よく見ておきますよ。

十二月は、私、そうですね。面白いと言う意味では、一年の中で最もだと感じています。色々な文化をこの一ヵ月で楽しみますから。忙しいでしょう。私は、そうですね。皆が楽しそうに食べているのを見るだけで大丈夫です。

さて、年を語るにしてもあっという間ですね。でもね、言葉ですから、そこには、きっとたくさんの一年が、ひとり一人にあるんです。私もそうです。今話したような、1年を意識する必要は全くありません。これは私の一年、いや、生涯でしたから。けれど、同じことを繰り返す。それが出来ることは幸せだと、私、思うんです。来年も同じ季節を楽しめるのかと。だから、体が動いて、自由に、大切な時間で。ずっとね、続くなら思い出にするよりよっぽど良いのですが。また来年も、季節を感じて、こうやって話してみたいですね。

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次