MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

生き方

人は、本当のことを言われると、それは、気分が悪くて、その言葉が心の芯を、掴むようであれば、尚更、人によっては、激情に駆られるものです。しかしながら、これは難しいモノで、伝えなければ、それは傍観者と同じで、歪んで複雑に分かれ、作られていく道々を眺め、ついには、その背を押され、皆々の差す、人差し指の方向はこちらを向き、これも結局、たまたま、押される順番が自分だったと、気概を無くし、人は喪失するのです。

現実は、大多数の人が居ますから、これは、勝手な思い込みなのですが、主従関係がどうしても形成されてしまう社会では、能力とか、そういうモノではなく、本当に指先、気分ひとつなんだと。いえ、つまり、人生というのは、けっこう運で、実力とか能力とか、あまり関係ないと。だから、自分を誰かと比較するとか、よく聞く、そんなようなモノは全く気にしなくて良いと思うのです。

いえ、比較するのは、意外と、自分よりも周りで、その指標は複雑ですから。ひとり一人の評価軸に合わせて、そんな日々を過ごしていたら、壊れてしまいますよ。心。それは、当たり前だと。けれど、なんでしょう。やはり比較は気になりますよね。これ、何でなのでしょうね。せめて、あなたは誰かを比較することを辞めてあげてください。その人、必要なのは、他人が作った成績表ではなくて、受け取りたい優しさなのだと思います。

「誰が言ったかではなくて、何が正しいか?」こんな無謀なことを、長く続けると分かる事があって、無謀だから、結局、誰か言ったかを優先すると、生存できる社会ということなんです。正しさ。推したいですよね。私の推しは「なにが正しいか?」です。まあ、仕事などをするときだけですが。だから、難しいですね。何かを成すため、集合体として、何か、推進とか、そういうことは。

また、これよく聞きます。「常識的には」こんな感じの言葉。これって何でしょう。常識とは。これも難しいですよ。誰か言ったかで、考えれば、おそらく全て違いますから。だから、もともと、今の時代を生きるというのはとても難しいんです。だから、悩むより、本当、好きな事ができる時間は、それだけを楽しむために夢中になってほしいなと。人生100年なんて、きっと、あっという間ですよ。こう、人生を半分過ぎると、残り半分の長さは、意外と短いんだなと感じますから。これも誰が言ったか。面白いですね。

つまり、何が言いたいのかというと、難しいことを考えて悩む時間で費やすより、楽しいことに目を向けたときの、期待で膨らむ気持ち、それは、何か夢中になれる、そう、何でも、何でも良いと思います。恋のように、意味を言葉にしにくいようなことでもいいです。熱く何か、心が暖かくなって、それで布団に入り、明日を想う。そちらの方がよっぽど良いです。

どうですか?これは、本当のことか分からないから、やってみないと分からないことです。つまり、答えは貴方が持っているから、何が正しいかは貴方次第。今日、これを読んで、明日は、自分が楽しいと思えること、それを考えることでいっぱい。いいですね。それは楽しいことです。そういうのを、「生き方」って言います。

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次