MENU

当サイト(小説ブログ)内に記載されている文章コンテンツの内容は、あくまでもフィクションであり、運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたことを文章にしています。

また、当サイト内(小説ブログ)のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだ「Web小説ブログサイト」として運用されております

伝え方が曖昧なのを承知で、お願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々新しい技術を導入したりして検証をしているんだなと、応援していただけますと嬉しいです。

当サイト内の文章を用いてライブ配信アプリの朗読枠で読み上げたり、YouTubeなどの動プラットフォームによる朗読配信の読み上げコンテンツとして利用していただくのも全く問題ありません。そのほか、朗読関係のイベント等で、当サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

もし、その時に、当サイトの紹介やURL(https://pen1.jp/)の記載が可能で、紹介していただけたらスゴく嬉しいです。宜しくお願いいたします。

当サイトのURL

https://pen1.jp

情想と分岐を知る

苦しい境遇 優しい人でありたい日常を 怯えて生きるように 慈悲を願う自分

深く考えて 考えて 生きる日常 どうも明日になることが嫌いらしい

そんあ同じ一日を 毎日 毎日 繰り返す

それは 一日のうちに ほんの数秒のことのように

そして また自分として生きる日常に戻る

決して逃れられない環境に嫌気が差して

ずっと閉じ込められている 箱を開けてみようとしても

箱は鍵のかかった 部屋の中だ

解けない問題を追いかけて 疲れた情想 あまりにもたくさんの人を見てきた

離れて過ごした人 一緒に過ごした人 みんな優しいように見えるけれど

もう傷つきたくないから 寂しくなったら 誰かも知らないクローズSNSを使えばいい

優しさが必ず自分に返ってくると知っているとしても

今まで 何度も傷つけられたから もう無理って簡単に言える

上を向きたいのに 常に逆方向 外から見れば分かる事が自分では気付くことが出来ない

優しい人になれないとか 余計なお世話 自分で決める価値観

著者

複数のブログサイト制作と運営、イラストデザイン、3DCG制作、エッセイや短編小説、私小説などの、色々なコンテンツを制作しています。

目次