MENU

本サイトコンテンツの内容はあくまでも運営者の価値観に基づいて感じたことや考えたこと、感想です。

合わせて、本サイトではWebアプリの開発チームと一緒に実験している新しいプロダクトが組み込まれています。

当サイト内のコンテンツはWebに関する新しい技術導入を含んだWebサイトとして運用されております

詩やエッセイ、コラムを中心に短編小説などのサイトコンテンツで構成されている『小説ブログ』Webサイトです。

伝え方が曖昧なのを承知でお願いするのも大変恐縮ですが、なんか色々技術導入をして検証で試しているんだなと応援していただけますと嬉しいです

希望という名前のパーツと知恵の輪

期待する希望と現実が大きくかけ離れていることが多い

当たり前の事が気になる時代 どうにかしようと思ってもどうにもならない

こんなことが毎日続く中で毎日を過ごす

全ての結果を自らの意志で決めたことと

誰かの助けをもらったような虚構を 心の中に毎日育てていった

過去と他人は変えられない人は言う

私自身は あなたの目に触れて忘れ去られる風景の一部に過ぎないのです

どれだけ頑張るかとか 無視される感情や気持ちは他人次第

その人のために何かをしてあげよう

直せないことがたくさんある でも 誰かに何かをしてあげられることはある

なぜ期待するのでしょう

物事が良くなると信じたいのでしょうか

すべての悩みは解決し 何かを達成できると信じて そして現実ではそうでないことを現実は教えてくれる

多くの場合 期待する希望と現実は 常に大きくかけ離れています

それは間違いなく 慣れ親しんだ心と体が教えてくれる

それでも 気づかないうちに 現実と期待が大きく異なることを分かって抱いてしまう

現実を直視するより上を向いていたほうが好きだから

生きていくことに希望は必要不可欠とか 綺麗事でも信じていたい

希望があるから 開ける未来に耳を傾けてみるのも面白い

希望が影と蜃気楼になった毎日を 日差しのもとで進んでいる

何の前触れもなく 去って行く人 期待を抱く人 どうしたって うたうことしかできない時がある

あきらめることに 何も感じなくなって大人になっていく

現実を直視するより上を向いていたほうが好きだから

成功物語が自分に起きる可能性と宝くじと

それでも希望がなければ

それは間違いなく 慣れ親しんだ心と体が教えてくれる

希望が影と蜃気楼になった毎日を 日差しのもとで進んでいる

目次